南阿蘇鉄道高森線がスタフ閉塞式にて運転を再開したとのことで、日本全国現存非自動閉塞区間を更新しました。

熊本の大地震で全線で運転を見合わせていましたが、比較的被害の少ない箇所で再開したようです。
ただ、中村駅での折り返し運用に対応していないのか、普段使用している特殊自動閉塞(電子符号照査式)ではなくスタフ閉塞(通票は三種)を用いて再開したようです。
しばらくの間ですが、始発駅発車の際に通票三角の掛け声が聞こえそうです。

はやく、全線で再開してくれるといいのですが、なかなか厳しい状況のようです。出来る範囲で応援していきたいですね。