無事帰って来れましたので昨日の続きです。
何をしてたかは明日あたりフィルムの現像が上がったら投稿するとします^^;

で、まずKeonをUbuntuでアクセスできるようにudevに登録します。
suの状態で/etc/udev/rules.d/51-android.rulesに次の通り書き込みます。

SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="05c6", MODE="0666", GROUP="plugdev"
SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="18d1", MODE="0666", GROUP="plugdev"

そのあと、

# /etc/init.d/udev restart

とやってください。これは最初の一回だけでOKです。
その後、KeonをUSBで接続して、adb devciesでkeonが表示されることを確認。
adb reboot bootloaderを実行して、GPのマークが出てしばらくして、fastboot devicesで同様に確認。
最後にfastboot rebootで確認終了です。

さて、最初にゲロっておきます。以下の手順は@androidsolaさんのアレンジです。
参考にさせていただいておいります。ありがとうございます。

mkdir ~/b2g_work
export B2G_WORK=~/b2g_work

cd $B2G_WORK
git clone git://github.com/mozilla-b2g/B2G.git
cd B2G
./config.sh keon

# userdebugs処理 .configの最後に"LUNCH=full_keon-userdebug"を追記する。
# radio日本語処処理 以前の記事"http://minashiro.net/?p=659"のまま

cd $B2G_WORK
hg clone http://hg.mozilla.org/gaia-l10n/ja gaia-l10n/ja
export LOCALE_BASEDIR=$PWD/gaia-l10n
wget http://sola-dolphin-1.net/data/B2G/source/languages-japan.json -O $PWD/B2G/gaia/shared/resources/languages-japan.json

export LOCALES_FILE=$PWD/B2G/gaia/shared/resources/languages-japan.json
hg clone http://hg.mozilla.org/l10n-central/ja gecko-l10n/ja
export L10NBASEDIR=$PWD/gecko-l10n
export MOZ_CHROME_MULTILOCALE="ja"

hg clone http://hg.mozilla.org/build/compare-locales
export PATH="$PATH:$PWD/compare-locales/scripts"
export PYTHONPATH="$PWD/compare-locales/lib"

# naist-jdic-0.4.3.tar.gzをhttp://sourceforge.jp/projects/naist-jdic/ からダウンロードしてhomeに置いておくと便利
cd $B2G_WORK
tar zxvf ~/naist-jdic-0.4.3.tar.gz
cd $B2G_WORK/B2G/gaia/apps/keyboard/js/imes/jskanji/dict
mkdir ipadic
cp $B2G_WORK/naist-jdic-0.4.3/naist-jdic.dic ipadic/
make json

# 以下のコマンドは必ず本体を接続した状態で実施
cd $B2G_WORK/B2G/device/geeksphone/keon
./extract-files.sh

export MOZILLA_OFFICIAL=1
cd $B2G_WORK/B2G
GAIA_KEYBOARD_LAYOUTS=en,jp-kanji ./build.sh

なんかうまくいってるようなメッセージが出たら、./flash.shを実行すると実機に焼きこみます。この時、すべてが初期化されますので注意してください。

こんな感じです。

※:一部修正しました。
http://minashiro.net/?p=854
のSHELLコマンドの方をご利用ください。
このままだとビルドエラーになります。